知らなきゃ企業の思う壺!企業がインターンを行う理由

企業側のメリット

ではインターンシップの開催は企業にとってどんなメリットがあるのでしょうか?
それがわかることによって自分の魅せ方がわかってくるため、企業に最大限アピールできること間違い無しです!

1. 企業の宣伝になる
まず第1にこれです!
「ん?」と思った方も多いと思いますがインターンシップを行うことで企業の宣伝になるんです!

実際、全く聞いたことないけどトップクラスに稼いでいる会社とCMでよく聞く名前の会社どちらに安心して入れるかと聞かれると恐らく後者かと思います。

そのように企業は名前を広めることがとても大事なんです。

そして売名的要素がインターンシップでもかなりあり、インターンシップを行うにあたり、あらゆる大学・就活サイトに広告が載せられるため、インターンシップに参加してもらえなくても知ってもらうきっかけになります。

2. ポテンシャルの高い人材を囲い込める
なかなか怖い言葉ですが、企業側も会社を大きくするため、色々なコスい手を使ってきます。笑
なんとなく聞いたことがある内々定と言う言葉がそのヒントを握っています。

内々定とは実際に6月に出す内定より先に内定を決めることです。
そして内々定が出る条件にインターンシップが絡んできたりするんです。

どう絡むかと言うとインターンシップに来た人たちだけで早期選考を行い内々定を出す場合があります。
これは学生からしても楽に敵が少ない間に内定がもらえるためラッキーと思いがちなのですが、企業側は「優秀な人材が他の企業へ目を向ける前に内定を出してしまえ」って考えを持って行っています。

3年生の夏の時点では学生もしっかりとあらゆる会社について調べることができておらず「優秀な人材を囲う」ことを行っているんです。

人間誰でも一度内定が出ると「もうこの会社でいっかー」と考えてしまう、そんな思考をうまく利用した企業側の作戦なんですね笑

3. ミスマッチを防ぐ
これは企業からすれば一番大事な要素のはずです。

今の世の中1つの会社で働き続けることが普通でなくなってきたため、どれだけ優秀な人材であろうと少しでも会社と合っていないと思われると企業側は転職されてしまう可能性があるため採用の枠から外されます。

そのためインターンシップに参加したことで自分の本質が見抜かれてしまい即落とされる原因になる可能性も大いにあります。

逆をつけば会社に合った人材を装えば早期採用の枠を勝ち取ることに一歩近づけることは確かです。そこまでしてその会社で成し遂げたいことがあるならやる価値はあるのかもしれません。

まとめ

ここまで会社がインターンを行う理由を見てきました。この内容が自分がインターンシップでどう立ち回るかなど考えるきっかけになれば幸いです。

まとめ
・インターンについて
 一般的には学生・企業双方にメリットがあると言われている
・インターン参加率
 年々増加傾向にあり、平均1人3社参加している
・企業側のメリット
 「企業の宣伝になる」「優秀な人材を囲い込める」「ミスマッチを防ぐ」

今後
インターンのデメリット!知らないと選考で落とされます。
1Dayインターンシップを効率的に!長期と1Dayの違い
などのブログも掲載予定です。

最後は私が実際就活してきた中でインターンシップの効率的な利用の仕方などを語らせていただこうと思います。
見てて損はないはずです。お見逃しなく!

1

2

関連記事

  1. 必見!!TOEIC・TOEFLはいつまでに何点必要?

  2. 近大生が語る学生生活が100倍楽しくなる方法

  3. オンラインインターンとは?選考を有利に進める方法!

  4. 長期・短期インターンどちらに行くべき?違いは何?

  5. 就活成功のカギ!!大学生のうちに絶対に身に付けるべきスキルとは 前編

  6. 理系大学生必見!!学部卒と院卒の就職での違い

  7. 学生・若手社会人が絶対にやっておくべきこと

  8. 卒業するキミへ 春休みにしてほしいこと3選

  9. 就活成功のカギ!!大学生のうちに絶対に身に付けるべきスキルとは 後編