Go To Travel どれだけ理解してる?

こんにちは!gakusukeの金川です。

皆さん夏休みは満喫できているでしょうか?

なんだかんだでもう後期が始まってしましますね、、、
その前に旅行に行きたい!

と言うことで今回は最近話題のGo To Travelキャンペーンについてのブログを書かせていただこうと思います。

そんなこと今更言われても、、、
と思う人がいるかと思いますが大学の1回目2回目の授業はある程度休んでも大丈夫なので学校が始まった1週目2週目を狙って旅行に行くのは結構おすすめです。

休みにくい建築学部を単位を落とさず生きてきた僕が言うから間違いありません😃笑笑(そういやひとつ落としたわ)

実はこのキャンペーンも出始めの頃から少し変わってきており、理解していると思っている人も再度確認しておく必要があるため最後まで読んでいただくべきかと思います!

1. Go to Travelとは
2. サービスの概要
3. 対象となる旅行
4. 申請方法
5. 実際の割引の例
6. 割引対象になる具体的な商品

Go to Travelとは

国内旅行の旅行料金の半額相当が国から支給されるキャンペーンです。

期間
2020年の7月22日以降開始の旅行が対象です。
旅行の回数制限がないため何度でも半額の旅行が楽しめます。

7月22日以降開始の旅行なので既に終わっている旅行でも22日以降の旅行であれば今からでも申請することでお金がもらえます!

サービスの概要

割引の内訳
まず旅行料金の半額相当とはどう言うことかをお話しします。

半額とはいえ、ただ単に半額分割引されるわけではありません。

簡単に言うと半額の内7割(つまり旅行料金全体の35%)は割引され、残りの3割分(つまり旅行料金全体の15%)は地域共通クーポンとして支給されます。

そのため15%はクーポンであれその地域にお金を落とす必要があります。

よくわからない方のために後半に図を用いて説明してあります。

支援される上限
実質半額無料といえども上限があります。

その上限は
宿泊旅行の場合は2万円/1泊
日帰り旅行は1万円

が人数分支援されます。
(宿泊の場合2泊すると4万円、3泊の場合6万円と引き上がります。)

地域共通クーポンとは
お土産・飲食・観光施設・アクティビティ・交通機関など色々ところで使えるクーポンです。

使える範囲は旅行先の都道府県またはその周辺の都道府県

クーポンは紙の商品券や電子クーポンで発行され、1000円単位でお釣りなしのクーポンになるそうです。

地域共通クーポンは9月1日以降に発行されるためそれ以前の旅行には発行されず旅行代金の半額の7割引つまり35%割引のみの適用となります。

そして共通クーポンの発効日はまだ明確になっておらず「9月18日になるかもしれない」と言われていたりするため、あまり期待し過ぎるべきでない気もしますね。

対象となる旅行

・国内旅行(東京を除く)
・宿泊旅行 / 日帰り旅行
・7月22日以降に開始した旅行
・7月27日から割引価格で販売
・既に予約した旅行も対象
・既に予約した旅行の料金の受け取り方オンラインでの申請
(期間9月14日まで)

27日から割引価格で販売とは Go To Travel に参加している店舗は27日から割引価格で売り出す決まりになっているらしく、割引価格で購入した場合オンライン申請などややこしい手続きは不要になります。

ただし直接ホテルのサイトから予約した方がお得になる場合などは申請の必要があります。

1

2

関連記事

  1. 密を避ける日帰り旅行!関西の秘境5選〜水辺編〜

  2. おすすめ映画を紹介します!「ジョン・ウィック」編その2

  3. 人が少ない!?関西の穴場紅葉スポット!

  4. 大学生の洋服、大学生のファッションの流行は?〜中間着編〜

  5. GoToキャンペーン共通クーポン発行!期間・使用方法・受け取り方は?

  6. 完結しているオススメの漫画4選 PART1

  7. 近大生が語る学生生活が100倍楽しくなる方法

  8. おすすめ映画を紹介します!「ジョン・ウィック」編その1

  9. 完結しているオススメの漫画4選 PART2