知らなきゃ企業の思う壺!企業がインターンを行う理由

こんにちは!gakusukeの金川です。
といつも言ってたのですが他のメンバーが「ユースケ」「ユタカ」などの名前にしてるため名前変えます笑

今日から僕はトマジロウにします。笑
これインスタの名前なんです笑
なぜか高校の時からトマジロウでやってまして、、、これにさせてもらいます!!!

てなわけで今回はインスタでアンケートを取ってみて票が多かった就活についてのブログを書かせていただきます。

私も就活経験者でかなり悩んだ経験から皆さんに共有できることはさせていこうと思っているので最後まで読んで僕の経験を少しでも自分のものにしてください!!!!

1. インターンシップとは
2. 学生のインターンシップの参加率
3. 企業側のメリット
インターンシップとは

そもそもインターンってなんなん?と聞かれると答えられない人も多いと思います。
簡単に言うとインターンとは企業と学生が本選考より前に交わることのできる機会です。

そのため企業側は多くの学生に本選考に挑んでもらうための勧誘ができ、学生側は企業の雰囲気などを知ることが出来るため、その会社の雰囲気が自分に合うかなどを見ることが出来ると一般的には言われています

一般的には」と言う部分を強調した理由は今後掘り下げていきます。

学生のインターンシップの参加率

実際インターンシップは実用的・専門的な知識や能力を身に着けてほしいと、言う思いから始められたものでしたが、今では就活として利用されています。そして今の学生のインターンシップの参加率はこのようになっていました。

20卒学生インターンシップ参加率は72.8% 平均参加社数は3社で過去最高 マイナビは、11月13日に『マイナビ2020』に登録している大学生・大学院生を対象とした「2018年度マイナビ大学生インターンシップ調査」の結果を発表した。 同調査によると、インターンシップの参加率は72.8%で3年連続増加していた。

この結果はこのサイトからの引用なのですが一人当たりの平均の参加した会社の数は3社でほとんどの学生がいくつかの会社をインターンシップで見比べていることがわかります。

1

2

関連記事

  1. 長期・短期インターンどちらに行くべき?違いは何?

  2. 就活成功のカギ!!大学生のうちに絶対に身に付けるべきスキルとは 後編

  3. 理系大学生必見!!学部卒と院卒の就職での違い

  4. 学生・若手社会人が絶対にやっておくべきこと

  5. 必見!!TOEIC・TOEFLはいつまでに何点必要?

  6. 近大生が語る学生生活が100倍楽しくなる方法

  7. 文系大学生必見!!学部卒と院卒の就職での違い

  8. 知らないと選考で落とされる?インターンのデメリット!

  9. 就活成功のカギ!!大学生のうちに絶対に身に付けるべきスキルとは 前編